ボジョレーヌーボーの賞味期限は未開栓でいつまで?飲み残しの上手な活用法教えます!

時事ニュース

秋になるとボジョレーヌーボーの宣伝が多くなり、普段ワインを飲まない人も飲みたくなります。

たくさん買い込んでしまったり、何かの記念に取っておいたり、未開栓のボジョレーヌーボーはありませんか?

夏にいただいたボジョレーヌーボーをクリスマスやお正月に飲みましたが、美味しくなかったという経験があります。

賞味期限の記載がないので、ワインだから寝かせておけば間違いない!と思っていましたが、ボジョレーヌーボーは熟成させないで、なるべく早く飲むワインだと知りました。

飲み残しや未開栓のまま、日にちが経って味が落ちたボジョレーヌーボーは、美味しいお料理に生まれ変わります。

ボジョレーヌーボーの特徴と活用法をご紹介します。


ボジョレーヌーボーの賞味期限は未開栓だといつまで?

秋の風を感じ始めると「ボジョレーヌーボー予約受付」の看板やカタログが、小売店やネット通販などでたくさん出てきます。

11月の第3木曜日に解禁されるボジョレーヌーボーのお祭り騒ぎはニュースにもなり、ボジョレーヌーボーは日本人にもお馴染みの赤ワインになりました。

日本に浸透した期間限定のボジョレーヌーボーですが、酒屋のワインコーナーに並んでいる赤ワインとは少し違うのです。

「ボジョレーヌーボー」とはフランスのブルゴーニュ地方・ボジョレー地区で、黒ぶどう種の「ガメイ種(ガメ種)」で造られた赤ワインの新酒のことです。

秋の収穫祭のためとか、ワイン業者の試飲会のためとか諸説ありますが、その年のワインの出来を確認するために作られる赤ワインなので、早くつくられる必要があり、製法も他の赤ワインと違います。

夏の終わりに収穫したぶどうを「マセラシオン・カルボニック法(MC法)」という急速発酵技術を用いて、数週間で醸造されます。

赤ワインに使われる代表的な品種、カベルネ・ソーヴィニヨンは香り豊かでタンニンの強い品種で、熟成させることで風味が出ます。

ボジョレーヌーボーに使われるガメイ種は、いちごやラズベリー系の酸味のあるさわやかな香りでタンニンが少なく熟成には向きません。

赤ワインには熟成タイプと早飲みタイプがありますが、ボジョレーヌーボーは早飲みタイプの代表格です。

ワインに賞味期限はありません。

樽から瓶に詰めた後も熟成するので、腐るという概念がないからです。

熟成が進まない早飲みタイプの赤ワインは味わいが劣化します。

ボジョレーヌーボーは日が経つに連れて、未開栓の瓶の中で味わいが劣化してしまうのです。

愛好家の方は年内までにとか、遅くても3月までには飲んで下さいと言います。

ボジョレーヌーボーを販売する各社はフレッシュさが特徴のワインなので、早めの消費をおすすめしています。

ボジョレーヌーボーを開栓した後のベストな保存方法は?

ボジョレーヌーボーは開栓して一日、二日経つと味が変わってしまうので、飲み切るのが一番ですが、2本目、3本目、4本目は飲み残した!ということもあるでしょう。

密閉した状態で長い保存期間をつくらずに、冷蔵庫に保管して下さい。

普通の赤ワインは冷やしすぎるとタンニンの渋みが強くなりますが、フレッシュなボジョレーヌーボーは冷やしたほうが美味しく飲めます。

ボジョレーヌーボーは赤ワインなので、基本的には赤ワインの保存方法と一緒です。

開栓したワインに起きる現象は「酸化」です。

酸化とは空気の中の酸素に触れて香りや風味が劣化していくことです。

酸化を最小限に抑えるために開栓した瓶の空気を抜き、コルクやワインキーパーで蓋をします。

小瓶に入れて密封するという方法もあります。

ワインは瓶に光を通しただけでも酸化する、といわれます。

未開栓ならば新聞紙にくるみ、冷蔵庫の中で一番暗い場所の野菜室にいれるのが良いです。



ボジョレーヌーボー飲み残しの上手な活用法はコレ!

飲み残したボジョレーヌーボーを翌日飲んだら美味しくなかった!という声をよく聞きます。

美味しくないと感じたら、赤ワインと同じように活用できます。

一番知られた活用法は料理酒として使うことです。

ビーフシチュー、ハヤシライス、ミートソースなど煮込料理にドバっと入れて下さい。

コンポートやホットワインも定番ですね。

秋も深まる季節に解禁されるボジョレーヌーボーは、鍋料理と合いますが、すき焼きに入れるのもおすすめです。

牛肉にからめながら焼くとワインの香りが広がり、余すところなくボジョレーヌーボーを活用出来ます。

ワイン塩ならぬ、ボジョレーヌーボー塩はいかかでしょうか?

「ワイン2:塩1」を弱火でかき混ぜるとワインの風味はしませんが、きれいなワイン色の塩が出来ます。

パーティーが多くなる季節に食卓にあるとおしゃれです。

贅沢に使うなら、ボジョレーヌーボー風呂です。

38℃くらいのぬるめのお湯に100ml入れて入浴すると血行促進、美容効果が期待できます。

ボジョレーヌーボーの賞味期限まとめ

ボジョレーヌーボーの輸入量は一時期より下がっているとはいえ、日本は輸入量1位です。

ボジョレーヌーボーの解禁日を心待ちにしている方は大勢います。

ボジョレーヌーボーの品種や製法、特徴を知って、軽くてフルーティーな味わいを楽しんで下さい。

購入したらすぐに飲むのが一番の飲み頃です。

解禁日に乾杯するニュースはボジョレーヌーボーにとって幸せなことです。