酉の市の熊手の飾り方や置き場所は?縁起物なので方角にもご注意!

生活

1年の福を呼び込むために、「酉の市」へ行かれる方も多いのではないでしょうか?

酉の市といえば商売人の方が主に訪れるイメージですが、最近では会社員や芸能人の方も1年の福を求めて訪れることも増えてきています。

そして、そんな酉の市では福を呼び込むグッズである「熊手」ですが、この縁起物の飾り方や置き場所も重要となってきます。

熊手の飾り方、置き場所や方角などをきちんと理解し、今年の酉の市で幸運を手に入れましょう。


酉の市で買った熊手の飾り方はどうすればいいの?置き場所は?

農民の収穫祭が起源と言われている酉の市ですが、現在では11月の酉の日に例祭として行わる、年末の風物詩となっています。

そして、その酉の市で熊手を買い、福を呼び込むということが大きく知られていると思います。

熊手の形から「金運やお客をかき集める縁起物」とされています。

しかし、熊手を買ったからそれで福も呼び込める、というわけにはいきません。

立派な縁起物である熊手は、飾り方がとても重要となっています。

では、熊手はどこに飾るのが良いのでしょうか。

福を呼び込むものですので、やはり玄関に飾るのがいいでしょう。

目立つようにできるだけ高い位置というのも重要なポイントの1つです。

会社やお店であれば玄関先に飾るのがベストでしょう。

ただ、自宅などでは玄関になかなか飾ることは難しいというお宅もあると思います。

そういった場合は、人の集まる神棚や仏壇、ない場合は人の集まる居間の高い位置に飾ると良いでしょう。

やはりここでもポイントは自分よりも高い位置に飾るということです。



重要なのは熊手の飾り方だけではない!?方角も重要視しよう

酉の市で購入した熊手は玄関や人の集まる高い位置に飾るのが良いということはおわかりいただけたと思います。

しかし、ただただ人がよく集まる高い位置に飾るだけではよくありません。

熊手は縁起物ですので、飾る方角も重要となってきます。

より福を招きやすくするために、熊手の正面を南向き、もしくは東向きにして室内の高い位置に飾りましょう。

熊手を北向きにして飾るのは決してしないようにしてください。

また、熊手の左右の高さが違ったり、高い位置ということで天井に貼り付けたりするのもいけません。

また、トイレは汚れた場所です。

縁起物をトイレなどの汚れた場所に飾るのも避けましょう。

熊手の取り扱い方を理解し、酉の市で福をゲットしよう!

酉の市で購入した熊手は、福が入ってきやすい玄関先の高い位置、もしくは、人の集まる居間の高い位置で南向き、もしくは東向きにして飾る。

これらの知識があれば酉の市で購入した熊手の飾り方はバッチリですね。

しかし、飾り方さえ守ればそれで終わりではありません。

熊手を飾りっぱなしにしてしまうと、やはりホコリがかぶります。

熊手にホコリがかぶってしまうと、福を呼び込む力も弱くなってしまいます。

ですから、熊手を飾った後は定期的に熊手を掃除してあげることも福を呼び込むのに大切なポイントとなることを忘れないようにしましょう。

たまに掃除するということで構いません。

熊手を飾ったところからはずし、熊手を使って福をかき集める動作をしてあげましょう。

そうすることで、熊手がもつパワーをより発揮してくれて、福をさらに呼び込んでくれるかもしれませんね。

そして1年間飾ってしっかりと福を呼び込んでくれた熊手は、翌年の酉の市で買い変えてあげてください。

1年間飾った熊手は、基本的に購入したお店で引き取ってくれますが、どうしてもそこへ行けない場合もあると思います。

その際は、酉の市が開かれている寺社に熊手を納める場所がありますので、そこに持って行き、福を呼び込んでくれたことに感謝し、古い熊手を納めましょう

また、引っ越しなどで、買った寺社に行けないと場合は、お塩で清めてから新聞紙などにくるみ、自治体の指示に従い、ゴミの日にだしても問題ありません。

いずれにせよ、酉の市で購入した熊手は縁起ものです。

取り扱い方をしかっりと理解し、1年の福を呼び込みましょう。