平成最後の日に入籍したい!婚姻届の提出で注意することは?

雑学

平成最後の日、2019年4月30日は日本国民全員にとって特別な一日です。

どんな一日にしようかと考えている人は多いと思います。

恋愛中の人々は「平成最後の日に入籍したい!」と思っているのでは?

婚姻届は用紙一枚、役所に提出するだけですが、人生最大のお祝い事です。

 

「平成最後の日に入籍したい!」
「絶対に忘れない結婚記念日にしたい!」

そう願う恋人たちのために、混雑するであろう平成最後の日に婚姻届を出す時の注意点を調べました。


平成最後の日に入籍したい!役所は激混み?

今、結婚を考えている恋人たちは平成生まれが多いと思います。

平成時代に生まれて平成最後の日に入籍できるなんて、一生自慢できるくらい素敵なことです。

昭和最後の日に何か記念日的なことをした、とあまり聞いたことがありません。

 

 

昭和から平成に変わった時は、天皇崩御で自粛ムードがあり、突然でもあったので、計画的に事を進めることが出来ませんでした。

生前退位される日、つまり平成最後の日が2019年4月30日だと正式に発表されたのは昨年の12月1日です。

 

結婚を考えていた人たちは、その時から平成最後の日を結婚記念日にしたいと考えていたのではないでしょうか。

2018年はいずれも日付の前に「平成最後の」という言葉がついてプレミアム感があります。

平成最後のホワイトデー、平成最後の七夕、平成最後のいい夫婦の日、平成最後のクリスマス、平成最後の・・・・。

 

 

タイミングが合わず、入籍の機会を逃してしまった方たちもたくさんいると思いますが、泣いても笑っても、平成最後の日は2019年4月30日で終わりです。

 

平成最後のいい夫婦の日、11月22日は入籍するカップルたちで役所はかなり混雑したようです。

 

2019年4月30日は役所の混雑は容易に想定できますが、この日に婚姻届を提出するには他にも注意が必要です。

 

通常の日に婚姻届を提出する際の注意点でもありますが、再度ここで確認して「ぬかりなく」4月30日に婚姻届が受理されるように準備してください。

婚姻届の提出日にご注意!

2019年4月30日、婚姻届を役所の窓口に提出して受理されたら、晴れて平成最後の日誕生の夫婦となります!

この日はかなりの混雑が予想されるので余裕を持って、午前中に行って下さい。

入籍日を指定して先に提出しておく、といったことはできません。

 

婚姻届は提出前に役所の方に確認してもらうことが出来るので、万全を期すために、あらかじめ確認してもらい4月30日に提出、ということは出来ます。

くれぐれもこの時は提出しないように気を付けて下さい。

 

婚姻届が受理された日が入籍日、つまり結婚記念日です。

 

 

郵送でも婚姻届は提出出来ますが、郵便事情で受付日が4月30日になるとは限りません。

書類に不備があると不受理になるので避けたほうが無難です。

 

ホントに平成最後の日に婚姻届を提出して受理されて、スペシャルな結婚記念日になることをお祈りしています。

 

 

入籍する時に必要なものと手順をご参考までに。

必要な持ち物はこちら。

  1. 婚姻届
  2. 戸籍謄本(本籍地と届け出る役所が違う場合は必要)  
  3. 二人それぞれの旧姓の印鑑
  4. 二人それぞれの身分証明書

 

入籍に必要な書類が用意できたら役所に必ず二人で行く必要はなく、どちらか片方あるいは代理人が婚姻届を提出しても受理されます。



平成最後の日は仏滅!入籍すべきかしないべきか?

平成最後の日、2019年4月30日火曜日は「仏滅」です。

今の若者はあまり気にしないと言われますが、親の世代は気にする人が多いんじゃないかなと思います。

 

 

六曜(仏滅、大安、赤口、友引、先勝、先負)は仏教、神道などの宗教とは関係なく、公共機関が作るカレンダーでは根拠のない迷信として、掲載しないようにしているところもあるようです。

 

そうはいっても長年染みついた慣習は変えられません。

大安に結婚しても、やがて・・・って夫婦はたくさんいるし、仏滅婚で添い遂げる夫婦もたくさんいるし、あまり気にする必要はありません。

平成最後の日に入籍まとめ

二人にとって特別な日に入籍しても、子どもの誕生日やなんだかんだで結婚記念日忘れちゃうんですよね。

男性で結婚記念日を覚えている人はかなり貴重な夫で、賞賛すべき旦那様です。

忘れやすい世の男性たちにとって・・・ではなく、平成最後の日に入籍を考えている恋人たちにとって、2019年4月30日は絶対忘れない、特別な結婚記念日になります。

不備がないように必要書類を揃えて、余裕を持って役所に行きましょう。

翌日から新しい元号とともに、新しい生活が始まります!