新元号元日(2019年5月1日)の結婚式が”激レア記念日”すぎてヤバイ!

時事ニュース

新元号になって最初の大安を探すと元日の5月1日です。

平成最後の日2019年4月30日に入籍して、新元号最初の日2019年5月1日に結婚式を挙げたいカップル達は多いと思います。

 

しかも政府の決定で2019年5月1日はこの年のみ国民の祝日になりました。

新元号元日で、大安で、祝日で、ゴールデンウイーク、大型10連休中!

 

2019年5月1日は結婚式のためにあるような一日ではないでしょうか?

 

結婚式を挙げるカップルにとっても、参列する方たちにとっても、新しい門出にふさわしい激レアな結婚記念日になりますよ。


5月1日は2019年のみ祝日に決定!

2019年5月1日は皇太子殿下のご即位の日として、祝日になることが正式に決まりました。

しかも2019年、1年限りの祝日です。

 

祝日法によって2019年は大型10連休になります。

 

 

結婚式に参列するゲストの方々のことを考えると、挙式の翌日に仕事なのは申し訳ないと思います。

参列する側も二次会、三次会で飲みすぎて翌日つらい、なんてことも多々あります。

 

大型連休中は気兼ねなくお休みして、挙式する二人は幸せオーラ全開で、参列する方々は幸せオーラの余韻に浸りましょう。

5月1日が激レア記念日になる理由

ところで祝日法って知っていましたか?

「その前日及び翌日が国民の祝日である日は休日とする」

というものですが、私は今回初めて知りました。

 

4月30日と5月2日は平日でしたが、5月1日が「祝日」となったので、祝日法の適用により、4月30日と5月2日は休日になります。

2020年以降は5月1日は祝日にならないので、それだけ2019年5月1日に結婚するのは貴重です。

 

それになんといっても2019年5月1日は新元号元日の大安です。

スタートにふさわしいハレの日です。

 

2019年5月1日の結婚式を挙げることが”超レア”な理由がおわかりになったのではないでしょうか?

新元号元日の5月1日結婚式のご予約は早く!!海外挙式も狙い目!

激レアな2019年5月1日は大安、祝日、そして何より新しい元号の初日。

結婚式を挙げたいカップルで式場の予約はいっぱいの所が多いと思います。

 

100%理想した挙式は出来ないかもしれませんが、理想に近い挙式目指して、あきらめずに探して下さいね。

 

結婚式の形式や種類は様々で、選択の余地はたくさんあります。

結婚式の形式―教会式(チャペル式)、人前式、神前式、仏前式…

 

結婚式といっても様々な形式があります。

  • 結婚式専門の式場…挙式会場や披露宴会場を同一施設内に複数併設。特に神前式希望のカップルが多いです。日本庭園などがあり、伝統と格式、高級感があります。
  • ホテルウエディング…宿泊施設が便利で、交通の便も抜群です。ホテルならではの質の高いサービスが魅力です。
  • レストランウエディング…通常はレストラン営業している店を貸切り結婚式を行います。アットホームな雰囲気と料理にこだわりたいカップルにはおすすめです。
  • ゲストハウスウエディング…海外映画に登場するような豪華な大邸宅を貸切り、お庭やプールサイドなどでデザートビュッフェしたり、敷地内を自由に演出できます。
  • リゾートウエディング…高原重視の軽井沢とビーチ重視の沖縄が人気ですが、結婚式が出来るリゾート地はたくさんあります。
  • クルーズ(船上)ウエディング…景色がきれいで暖かい季節には適しています。基本的には船長が立会人を務めます。
  • 海外ウエディング…ハワイ、グアム、バリ島が人気ですが、アメリカ、南半球、ヨーロッパなど世界中選べます。

 

海外で二人だけで挙式して、後日、日本で披露パーティーでもいいですね。

年内に5月1日の結婚式が決まれば、ゲストも予定が立てやすく5か月先の10連休は結婚式参列とともに海外旅行に行けます!

 

新元号元日(2019年5月1日)の結婚式が”激レア記念日”すぎてヤバイ!のまとめ

女性にとって結婚式は子どもの頃から夢に描いていた晴れ舞台です。

結婚したいと思う男性と出会い、愛を育み、結婚式へ!

二人だけでの結婚式もいいし、結婚の写真だけを5月1日に撮るのもいいかもしれませんね。

 

新元号元日の2019年5月1日の結婚式が激レアな結婚記念日になるなんて素敵すぎます。

 

結婚式をする二人にとっても、ゲストの方々にとっても絶対忘れない結婚記念日になりそう(^^)

私も2019年5月1日に結婚式したいなあ~