【ホワイトデー2019】30代女性が”もらって迷惑!ドン引き”プレゼントまとめ

季節トレンド

2019年のホワイトデーで失敗しないプレゼント選び!

ここでは30代女性の方に、ホワイトデーのプレゼントでドン引きした体験談をご紹介します。

実際に私が聞いた”生の声”ですので実にリアルです。

「こんなプレゼントはNG!」
という参考にしていただければと思います。


2019ホワイトデーで失敗しないプレゼント選び!30代女性が”ドン引き”したもの

「男性から女性へのプレゼント」という意味では2019年最初のプレゼントになるかもしれないホワイトデー。

お正月、バレンタイン…そしてホワイトデー。

年が明けるとあっという間に3月を迎える感覚なおは私だけではないはずです。

 

そして、そのホワイトデーで男性が考えるのがプレゼント。

ホワイトデーに限らず、女性の気持ちを考えないプレゼントはもらう側も迷惑です。

 

「とりあえず何かあげとく」
といった場合でも注意したいところ…

では、実際にどんなプレゼントをされるとドン引きされるのでしょうか?

 

ここでは30代女性がもらって迷惑、ドン引きしたホワイトデーのプレゼント体験談をご紹介します。

2019年のホワイトデーで失敗しないための参考にしましょう!

世の男性全員に見てほしい…

もらって「重い」指輪は必要ない!

ホワイトデーに指輪をもらったことがあるのですが、嬉しくなくて迷惑でした。

いくらだったのかはわかりませんがたぶん高額なプレゼントだったと思うので、もらっても重いだけだったんですよね。

くれたときにはもう気持ちが冷めきっていたので、プレゼントをくれた人のことを全然好きじゃなかったからです。

プレゼント代が無駄になっただけでもったいなくて、くれた相手も私にとっても何の得もなかったなぁと思いました。

バレンタインの頃は相手とまだ仲が良かったのですが、その後に気が変わったので、買わせてしまったのは私の発言が悪かったんだと思います。

出来ればプレゼントを買う前に、私の気持ちを確認してからお返ししてほしかったです。

(34歳・無職)

ふつうのくまのぬいぐるみが助手席に…

あまり嬉しくなかった、というホワイトデーの体験がひとつあります。

ホワイトデー当日はドライブデートをしていました。

デートはとても楽しくて予約してくれていたレストランの食事も美味しくて、あとはプレゼントを期待していました。

食事のあとお店から出ると彼から「先に車に戻ってて」と鍵を渡されました。

言われた通り先に車に戻ってドアを開けると、助手席にはクマのぬいぐるみが置いてありました。

特に大きいわけでもなく、ブランドものでもなく、キャラクターものでもない、ただ普通のぬいぐるみでした。

すると彼が戻ってきて「ビックリした?ホワイトデーのプレゼントだよ」と手渡されました。

ぬいぐるみを集めているわけでもなく、クマのぬいぐるみが好きなわけでもなく、年齢的にも微妙でした。

彼はサプライズに満足顔でしたが、私は正直なところ嬉しくなかったので、あまり喜べませんでした。

(39歳・主婦)

ふだん食べてるアイスクリームでがっかり…

私はバレンタインのお菓子作りが苦手でした。

それでもバレンタインだからと手作りチョコレートを毎年頑張って作り、口直しとしてGODIVAのチョコレートを一緒に渡していました。

すると、彼は私にGODIVAのチョコレートをホワイトデーにお返しとしてくれるので、一緒に食べるのが毎年恒例でした。

しかし、同棲を始めてからはだんだんと適当になってきたかなと薄々思っていました。

そして、ホワイトデー。

貰ったのはコンビニのアイスクリームでした。

正直、コンビニのアイスクリームは普段から仕事帰りのお土産に買って帰ることは多かったので、もはや普段と変わらなくなってしまったと少しがっかりしてしまいました。

特に、その1週間前にパートさん達から彼が貰った義理チョコのお返しを一緒に選びに行っており、私が選んだ物より確実に安い物だったので。

せめてその時に隠れて買っていたらと期待してましたが、残念なホワイトデーになりました。

(33歳・会社員)

喋る人形にリアクションも取れない…

当時の彼氏から喋る人形を貰いました。

開けた瞬間リアクションが取れなくて忘れもしないくらい困りました。

普段からとくに人形が好きや、可愛いなど好きだと思うような行動も発言もしていないのに、何故これを選んだのか本当に不思議でした。

何をどう思いこれをプレゼントしたのかさっぱり分かりませんが、一人暮らしが寂しくないようにと言っていたので、そのままの理由を受け止めておくのが自分でも1番納得ができると思っています。

喋る人形よりも、ハンカチでも良いから、周りにこれ貰ったと言えるような女性らしい普段使いができるものが欲しかったです。

恥ずかしくて周りに話すことすらできません。

貰ってからは申し訳ないですが、喋らようにして置きっぱなしです。

(31歳・会社員)

最中(もなか)、卓上カレンダー…

32歳の時に地元の先輩にもらって引いたのが、おそらくホワイトデー用に百貨店等で売られていたお菓子入りのギフトなのですが、子供じみたクマのぬいぐるみがメインのものでした。

しかも袋にも入れずにパッケージごと手渡しされました。

こちらの持ち帰る手荷物の事も考えて欲しかったし、子供にプレゼントする用な幼稚すぎるものだったので帰り道で捨てました。

35歳の時は友チョコと一緒に卓上カレンダーをもらったのですが、それはその子の働く会社の名前入りのセンスのない販促品で、会社で使うのも恥ずかしいし使い道もなく母にあげました。

昨年36歳の時は一方的に好かれていた趣味友の男性からANAPの洋服をもらったのですが、私の好きな系統の服ではなくて、しかもかなり大きい荷物で運ぶのが面倒で怒りすら沸きました。

そのまま袋ごとリサイクルショップに売りました。

同じく36歳の時に勤務先の上司からもらったのが最中でした。

アンコは苦手です。

立場上嫌な顔も出来ず困りました。

(37歳・デザイナー)

下着と一緒にラブレターで上司に相談…

これは、私が正社員として働いていた頃の話です。

女性社員は男性社員にバレンタインにチョコレートを渡すことが必然と必須になってきた頃、前から私のことを好んでいてくれているんだと思っている一男性職員がいることに気づいてはいたのですが、その人だけチョコレートを渡さないわけにはいかないとも思いバレンタインにチョコレートをあげました。

するとその人からのお返しがひどくって…

何故かお返しに下着が入っていて、
メモに「僕と付き合ってください」と…

そんな気持ち悪いお返しが一番の嫌な思いでです。

そのあと怖かったので直属の上司に相談をし関わらないこと前提にしてもらいました。

その年からバレンタインに義理チョコはなくてよいもなりました。

後々聞いたら他の職員にもいいなーと思っている人にそいつはそんなことをしてたそうです。

(36歳・会社員)

コ●●ームの詰め合わせに呆れて怒りが!

愛情を込めて手作りのバレンタインチョコを夫に贈ったもののホワイトデーに返ってきたものはコ●●ームの詰め合わせでした。

ガッカリというより呆れて怒りさえ覚えました。

コ●●ームをもらったところで愛情を感じることもなく、下心しかないことを知って幻滅です。

私はいつも働いてくれる感謝の気持ちを持って慣れない手作りチョコを作ったにも関わらず夫にはそんな気持ちも伝わらず、なにも考えずただただ下心だけを丸出しにして許せない気持ちでした。

何も知らずホワイトデーを渡されたときもニヤニヤしていて「ママは絶対喜んでくれると思うよ」と渡してきたんです。

そのときは素敵なプレゼントだと思っていたんでしす。

中を開けたときの気持ちは本当にイラつきました。

夫のセンスすら疑ったのです。

(36歳・専業主婦)

リアル系ぬいぐるみに一気に冷めてしまい…

ぬいぐるみです。

それもあまり可愛くない、というよりも、何故これをいいと思ったのかと問いたくなるようなリアル系のぬいぐるみでした。

元々好きなので自分のお気に入りを見つけたら買う事もありますが、好みじゃない物でした。

捨てる訳にもいかず、結局は友達の子供が遊びに来た時に気に入り、そのまま持ち帰ってもらいました。

付き合うかどうかみたいな微妙な時期だったのですが、その瞬間に一気に冷めました。

付き合い始めてお互いの好みもしっかり分かってからのホワイトデーのお返しであれば嬉しかったのかもしれませんが…。

しかも、それを職場に持ってくるという非常識さにも呆れました。

少しずつ連絡する頻度を減らし、フェードアウトしましたが…。

(36歳・医療関係者)

金魚一式セットって意味不明…

私が貰ったホワイトデーのお返しは何故だか分からないけど金魚を5匹と金魚専用の水槽のセット一式と金魚の餌です。

当時、彼氏だった今の旦那からのプレゼントでした。

ご丁寧に金額まで教えてくれました。

総額15000円だったそうです。

別に私は金魚好きではありません。

本当に意味が分からないホワイトデーのお返しでした。

本人にどうして金魚一式セットをホワイトデーのお返しにしようと思ったかを聞いてみたところ、デートでペットショップに行った時に私が金魚を見ていたから欲しいのかと思ったから!らしいのです…

その時、私はただ金魚を見ていたと言うだけで、そもそも見ていた事すら記憶に無いくらいです。

結局、私が金魚の世話をしなければならないし水槽は直ぐに汚くなるし、本当に迷惑なプレゼントでした。

(36歳・専業主婦)

何故ブリザーブドフラワーなの?

もらって嬉しくなかったものは、ブリザーブドフラワーです。

結構大きめなブリザーブドフラワーな上、好きじゃない青色系の花で構成されたもので、貰ったとき本気で「何故これ!?」と思いました。

彼が怒らない程度に、チョイスした理由をさりげなく聞いてみたところ、

「女には花だろ」

でした。

それまでの彼女さんにはそれが通用して、いちいち感動していたことでしょう。

しかし私は大雑把な上、ただでなくても植物のお世話がとっても苦手。

ズボラだからこそのブリザーブドフラワーかもしれませんが、そうなったらなったで世話しなくても言い分、見向きもしなくなり、ゆくゆくはホコリをかぶり、さらに見向きもしなくなります。

そしてゴミになる。

バレンタインのときは相手に喜んで欲しくて女子は必死なのに、それに比べてホワイトデーは男性の女性への喜ばせ方が適当に感じてしまう。

相手が悪いだけなのでしょうか。。。

もう少し「女には」ではなくて、相手のことを一番に考えてという気持ちが欲しかったです。

その彼は春を待たずにお別れしました。ついでにブリザーブドフラワーも捨てました。

スッキリしました。

(39歳・ネイリスト)

30代女性がドン引きしたホワイトデーのプレゼントまとめ

ここで紹介したホワイトデーのプレゼントの中には「それだめなの?」と思ったのもあったはずです。

ぬいぐるみなんかは女性が好みそうですし、一見プレゼントされると喜ばれると思いがちです。

しかし、女性から見るとそうではない場合もあります。

女性がもらって喜ぶプレゼントを見つけるコツは「ふだんの会話の中」にあるのではないかと感じます。

相手のことを知らずに渡すプレゼントにはリスクがあります。

自分ではよかれと思ったプレゼントでも、女性には迷惑だったりする場合も多々あります。

プレゼントにはリサーチが重要だと改めて思った次第です。