笑ってはいけないのギャラにネット上の反応は?「安いんじゃないの?」

エンターテイメント

ガキ使「笑ってはいけない」のギャラが判明!
ネット上の反応は?

大晦日恒例のダウンタウンのガキの使いやあらへんで「笑ってはいけない」シリーズ。

紅白歌合戦が大晦日の視聴率ダントツトップですが、それに次ぐのがダウンタウンのガキの使い「笑ってはいけない」です。

24時間バツを受けまくる過酷なロケ…

毎年我々に笑いを届けてくれる裏でダウンタウンの二人は「重労働」していたのです。

お笑い界の大御所でもあるダウンタウンですので、当然ながらギャラも高いはずですが、笑ってはいけないのギャラはやはり「格段に」高いものでした。

 


 

ガキ使「笑ってはいけない」でダウンタウンがもらっているギャラはいくら?

大晦日の「ダウンタウンの笑ってはいけない」は、毎年6時間を超える長時間の番組です。

その撮影はというと”24時間”という時間の中で行われてますので、我々が観るテレビの番組よりもはるかに長い時間のロケになります。

実際には2日間ロケで拘束されているようです。

 

あまりに過酷なロケに当のダウンタウンの二人も本音は「そろそろ辞めたい」・・・

企画のマンネリ化もダウンタウンの二人は気にしているようで、このあたりはダウンタウンの二人の”プロ意識”を感じます。

 

さて、そこで気になるのが笑ってはいけないでダウンタウンの二人がもらっているギャラ。

 

11月19日に発売された「フラッシュ」に笑ってはいけないでもらっているダウンタウンのギャラが判明しました!

 

 

その額1000万円!!!

 

 

2日間拘束なので「日給500万円」
時給換算だと416,667円になります。

 

もちろん二人で1000万円ではなく、
「一人1000万円」です。

 

かなりの”高額”案件ですよね^^;

我々一般人からしたら羨ましい限りです。

 

過去の笑ってはいけないシリーズ全16作が12月8日から独占配信決定!

過去の笑ってはいけない全シリーズを観るならこちら

 

笑ってはいけないのギャラにネット上の反応は?

ガキ使「笑ってはいけない」でダウンタウンの二人がもらっているギャラは1000万円。

過酷なロケとはいえ、2日で1000万円もらえるとあれば一般人なら飛びついて仕事を受けるはず。

この驚愕のギャラの高さにネット上ではどのような反応があるのでしょうか?

 

いくつかご紹介します。

 

笑ってはいけないのギャラが一千万? あのランクの芸人が体力使って怪我するリスクを負ってそれは安いんでは無いのか?
おもったよりもらってないなって感じ。さんまとかもっとエゲツないだろ
ケツの医療費込みだからだろ?
あの年齢で丸1日笑ってはケツ叩かれてを繰り返してるのに一千万しかもらってないのか・・・
メガネのCMで、菊川とか武井咲に7千万とかに比べると、浜ちゃんが2日間で1千万は安いんじゃない?
1時間の番組収録で500万取ってるって知らないの?
ぶっちゃけもっと貰ってるのかと思ってた
笑ってはいけないのダウンタウンのギャラが1人1000万らしい、二人ともいい歳なのに一日中ケツしばかれてるんだからもう少しあげてもいい気がする

 

我々からしたら「2日間で1000万円」と聞くと”美味しい仕事”のように感じますが、ネット上では「ギャラ安すぎるのでは」という声も聞かれます。

 

テレビのギャラって売れっ子芸人となると高額なんだな、と改めて感じました。

 



 

笑ってはいけないのギャラまとめ

ここでは「笑ってはいけない」シリーズでダウンタウンがもらっているギャラについてのネット上の反応をお届けしました。

 

2018年の大晦日は「考古学」がテーマのようですね。

 

ダウンタウンの二人がそれぞれ1000万円のギャラをもらってるということに関して、「安い」という反応が多かったのが意外でした。

「医療費込み」なんて声もありましたが、あれだけお尻を叩かれてたら病院か薬のお世話になってるかもしれないのも納得デス…

 

笑ってはいけないの面白さは「意外性」とも言えます。

昨年は山崎賢人さんがいきなり登場しましたよね♪

 

大物芸能人が毎年一人か二人出てくるところに笑ってはいけないの番組の「大物感」を感じます。

 

笑ってはいけないシリーズが紅白歌合戦の視聴率を超える日がくると、それこそギャラ1億円になるかも^^;