マクドナルドでのテイクアウトは消費税10%か8%かどっち?

時事ニュース

「マクドナルドでテイクアウトした場合は消費税10%なの8%なの?」

2019年10月1日から消費税が10%に増税になる予定です。

全ての物が消費税10%になるわけではなく、消費税が8%で据え置きの「軽減税率」が適用される品目もあります。

調べてみると、マクドナルドでは消費税10%になる場合と8%になる場合があったのです!

いったいどういうことなのでしょうか?

そこで今回は、

  • 消費税10%と軽減税率について
  • マクドナルドの店内で食べた場合は消費税が10%になる!
  • テイクアウトの場合は消費税8%

についてまとめます。

消費税増税でマクドナルドは大混乱!?


 

消費税10%と軽減税率について

まず消費税10%になる品目と8%で据え置きの「軽減税率」が適用される品目について見ていきましょう。

 

従来どおり消費税が8%で据え置きとなるいわゆる「軽減税率」が適用される品目は、

  • 酒類
  • 外食を除いた飲料食品
  • 週2回以上発行され、なおかつ定期購読契約をした新聞

になります。

これら以外の品目は消費税10%に増税となる扱いです。

 

軽減税率の「外食を除いた飲料食品」というのがマクドナルドでの混乱の種になる可能性があります。

いったいどういうことなのでしょうか?

 

マクドナルドの店内で飲食した場合は消費税が10%になる!

マクドナルドで商品を購入して店内で食べる場合は「外食」に当たります。

よって、マクドナルドで飲食した場合の消費税は10%で増税の対象です。

 

マクドナルド以外でも牛丼チェーン店での店内飲食や、ショッピングモールでのフードコートでの飲食は「外食」になりますので同様に消費税10%です。

 

しかし、マクドナルドやファーストフード店では「店内飲食」と「テイクアウト」があります。

「テイクアウト」の場合の消費税は10%なのか8%なのか、どちらになるのでしょうか?

 

テイクアウトの場合は消費税8%

マクドナルドで「テイクアウト」で商品を購入した場合、消費税は8%で据え置きになります。

よって「軽減税率」の適用を受けるわけですね。

ドライブスルーで購入した場合も同様になります。

 

国税庁が定義している「外食」とは、

「いすやテーブルなど飲食の設備がある場所でのサービスの提供」

「客が指定した場所での飲食サービスの提供」

になります。

 

「テイクアウト」が外食ではないことが国税庁の定義から明らかです。

地道に節約を心がけている人は、テイクアウトを選択するようにしましょう。

 



 

マクドナルドでの飲食と消費税まとめ

マクドナルドで飲食した場合とテイクアウトの場合に消費税が異なります。

 

マクドナルドでの消費税
  • 店内で飲食した場合は消費税10%
  • テイクアウトの場合は消費税8%

 

店内での飲食は「外食」にあたり消費税10%、テイクアウトの場合は飲食料品の購入にあたり消費税は8%です。

 

これはマクドナルドでレジ担当の人が
混乱を招くおそれがありますよね…

 

マクドナルドの従業員さんは、店内での飲食とテイクアウトで消費税を使い分けないといけません。

 

 

マクドナルドだけでなく、イートインスペースを設けているコンビニなども同様になります。

「軽減税率」の適用により、お店側からしたら消費税増税の思わぬ準備と対応に追われることが予想されます。

 

私たち購入者側もレシートをチェックして間違った消費税が加算されて購入していないかチェックするようにしましょう。