人工肉のデメリットとは?ネット上の反応まとめ

生活

人工肉のデメリットとは?ネット上の反応まとめ

昨今、アメリカなどを中心に話題にあがる機会が増えているのが人工肉です。

アメリカには肉をたくさん食べる方がおられるだけでなく、ベジタリアンの方も多いので人工肉への注目が非常に高くなっています。

ところがこの人工肉にはメリットとデメリットの両方があるので、ここでは「人工肉」のデメリットから普及するかどうかを考えてみます。

ネット上の反応もあわせてごらんください。

スポンサーリンク




人工肉のデメリットとは?

まず安全性が完全に担保されているわけではないということです。

もちろん実験によって一定の安全性は確認されていますが、人工肉を食べた10年後、20年後に影響が出ないかは断言することが出来ません。

畜産農家がダメージを受けてしまうということもデメリットです。

人工肉が一般的になるとそれまでの肉の消費量が落ちることが想定されます。

それは畜産農家にとって打撃であり、消費者の中にもそれを望まない方は多いでしょう。

スポンサーリンク




そもそも人工肉ってなに?

人工肉は大豆などの植物性タンパク質から作った肉状の食材です。

実際の家畜の幹細胞を採取して培養するという過程を経ているため、その味や触感は実際の肉に近づきつつあります。

単に大豆などのタンパク質に肉の風味を付けたものではなく、培養を行うことから現段階では高いコストがかかっています。

これから技術の進歩などでコストダウンする可能性が高いです。

人工肉は一般的に普及する?

現在の牛や豚、鶏の肉のように圧倒的に普及するということはないと考えています。

1つにこれらの肉の持つ本来の味わいを好む人々が多いという理由が挙げられます。

例えば魚肉ソーセージはある程度の人気を獲得していますが、通常のソーセージにとって代わることはありません。

カニとカニカマの関係も同様です。

こういった味を真似た製品は一定のニーズを獲得しつつ、実物ほどの人気を獲得しないというのがこれまでの通例となっています。

ただし、昨今では健康志向が高まっているのである程度は人工肉への需要も発生すると考えられます。

今はコストが高いのでそれほど売れないと思いますが、これからコストダウンがなされれば状況は少し変わるかもしれません。

現在、市場に出回っている牛、豚、鶏の肉は高いものから安いものまで様々です。そのため、人工肉が価格の面でこれらに優ることはほとんど考えられません。

普及する理由があるとすればやはり健康面への配慮ということになるでしょう。

ネット上の反応

まとめ

人工肉のデメリットとしては、

  • 安全性が担保されていない
  • 畜産農家がダメージを受けてしまう

これらは確実に考えられることです。

世界ではこれまでも既存の食品に味を似せた商品が作られてきました。

人工肉もまたその1つということになりますが、この食品には一部のベジタリアンからの支持があります。

そのため、アメリカなどでは研究が盛んに行われています。

日本では食品の安全性やこれまでの信用性を重視している方が多く、人工肉の普及は限定的になると想定されます。

もし、大きく普及するようなことになれば、国や地域が畜産農家をサポートしていく必要性が生まれるかもしれません。

スポンサーリンク