プラスメッセージとは?SMSとの違いを比較してみた!

生活

プラスメッセージとは?SMSとの違いを比較してみました!

携帯キャリア大手3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より、新しいサービスとして「+メッセージ(プラスメッセージ)」が2018年5月9日より提供が開始されることが発表されました。

このプラスメッセージ、今までのSMS(ショートメッセージサービス)とは同じようで違うもののようです。

以下では、両者の違いについて比較してみます。

スポンサーリンク




プラスメッセージとは?SMSとの違いを比較してみた!

プラスメッセージは従来のSMSサービスよりも機能が増えてます。

それぞれの違いを比較してみます。

送れる文字数が増える

今までのSMSでは、他のキャリアの利用者に送る場合は、最大全角70文字でしたが、プラスメッセージでは、なんと最大全角2,730文字と約40倍の文字数の送信が可能に。

今までSMSでやりとりをしていると文字数が足りなくなってしまい、変なところで切って次のメッセージを作っていたら、途中で相手から返信が来て…とややこしいことになったりしていましたがそんなこともなくなりそうです。

料金はパケット代から

気になる料金ですが、SMSが送信の際に最低でも1通あたり3円、最大で30円かかっていましたがプラスメッセージでは、相手もプラスメッセージの利用者であればパケット通信料で使用できますので、プランによっては上限料金を気にすることなく使用することができます。

また、相手がプラスメッセージの利用者かどうかも確認ができるそうです。

画像や動画、スタンプも送れる

今までのSMSは、テキストのみの送受信でしたが、プラスメッセージでは画像、そして動画まで送信が可能です(ファイルの添付は最大100MBまで)。

さらには、かわいいイラスト、キャラクターの画像がスタンプとして提供される予定で、500種類以上の無料スタンプが用意されるようです。

今までは、絵文字ではiPhoneと互換性がなく見えない場合は「=」と表示されていたりしていましたが、それも解消されそうですね。

グループがつくれる

SMSでは、相手と1対1のメッセージのやりとりとなりますが、プラスメッセージでは家族、友達とグループをつくってメッセージや画像などのやりとりができます。

みんなで情報を共有しながらコミュニケーションができるのでとても効率的です。

スポンサーリンク




プラスメッセージのスタートに対するネット上の反応

まとめ

プラスメッセージは、アプリケーションをインストールすることで使えるようになります(ソフトバングの場合は現在のSMSアプリを更新することで使えるようになります)。

さて、ここまで読んで頂いた方の中は、「あれ?これってLINEと変わらなくない?」と思われた方もいらっしゃると思います。

そうです、現在各社で示されているアプリ画面のサンプルも、まさにLINEと同じようにメッセージが吹き出しとして次々に表示されていくものです。

アイコンもLINEを青くしたようなもの。

正直、現時点で分かっている範囲では、LINEでできる通話がプラスメッセージではできないぐらいで、あまり変わりません。

今後のサービスの展開、実際の使用感によってLINEユーザーがこちらに乗り換えていくなんていうこともあるかもしれません。

サービスが始まったら使ってみたいところです。

なお、iPhoneと、今までSMSが使えなかったiPadについては、準備ができ次第提供予定のようですので、ご注意を。

スポンサーリンク