麻疹(はしか)の予防接種の値段、大阪だと大人はいくら?

生活

4月の下旬を迎え、沖縄県から端を発した麻疹(はしか)が猛威をふるっています。

麻疹(はしか)は子供がかかるイメージがあるかもしれませんが、実は大人でも注意が必要です。

麻疹(はしか)を予防するには予防接種が一番効果的ですが、「ワクチン空白世代」というのがあり、これらに該当する方は過去の予防接種が十分に麻疹(はしか)の予防になってない可能性があります。

ここでは大阪で麻疹(はしか)の予防接種を受けるにはいくらぐらいの値段がかかるのか、についてお伝えします。

スポンサーリンク




はしかの感染力はインフルエンザの10倍!

はしかの原因となるウィルスは「空気感染」するのが特徴です。

感染力が強いインフルエンザが、せきやくしゃみなどの飛まつ感染であるのにたいして、はしかは空気感染するため、極端な話電車に乗っているだけでも感染する可能性があります。

厚生労働省ははしかの感染力を「インフルエンザの10倍」と発表しています。

また、空気感染するためにマスクやうがい、手荒いでは予防できないとされていて、予防接種だけが唯一の有効な予防策です。

スポンサーリンク




はしかの症状とは?

はしかに感染すると、10日ほどで

  • 発熱
  • 咳(せき)
  • 鼻水
  • 目の充血

などの症状が出てきます。

その後、口の中や体に発疹が現れて、約39度の熱が3~4日続くと言われています。

悪化すると重篤になったり、肺炎や脳炎、中耳炎などの合併症を引き起こすこともあり、最悪の場合は命を落とすことも考えられます。

感染力が強いので、「麻疹(はしか)は子供がなるもの」と決して油断してはなりません!

スポンサーリンク




ワクチン空白世代とは?

現在では麻疹(はしか)の予防接種は、小学校入学までに2回行うことになっています。

なぜ2回行うのか?

1回だけだとウィルスと戦う抗体が十分に作られない場合があるためです。

2回接種していると99%以上の確率で発症しないと言われています。

そして「ワクチン空白世代」の人たちは、麻疹(はしか)の予防接種を1回しか受けていない可能性があります。

ここで言っている「ワクチン空白世代」というのは、1972年10月1日~1990年4月1日に生まれた人のことを指しています。

この間に生まれた人の場合、麻疹(はしか)の予防接種を1回しか受けていない可能性が高いそうです。

ワクチン空白世代の人は、現在28歳~45歳の人に該当します。

最も働き盛りの時期ですし、感染力が強いのが麻疹(はしか)の特徴です。

最近になって多くの感染が認められていることから、予防接種を2回受けたかの確認はしておいたほうがよさそうです。

スポンサーリンク




麻疹(はしか)の予防接種履歴はどうやって確認するの?

ワクチンの予防接種を受けると母子手帳に記録を残すことになっています。

母子手帳で確認できない場合には、医療機関で検査することもできるとのことです。

日本だけでなく諸外国でもはしかが流行している地域があります。

外国に渡航の予定がある場合にも、はしかのワクチン接種が十分かどうかを確認しておいたほうがよさそうです。

なお、3回ワクチン接種をしたとしても副作用の可能性は低いのだそうですが、医療機関で検査できるということでしたら検査したほうがいいですよね。

大阪の大人の麻疹(はしか)の予防接種の値段はいくら?

さて、麻疹(はしか)の予防接種がいったいいくらぐらいの値段だかかるのか?

地域や医療機関によって異なるのですが、大阪の医療機関で予防接種を受ける場合、5000円~10000円の値段で受けることが可能です。

予防接種の際には、受けようとしている医療機関に値段をご確認の上、お金を準備するようにしてください。

また、条件に該当すると麻疹(はしか)ワクチンの接種費用助成を受けることができます。

お住まいの市町村に確認するのが確実ですので、ワクチン接種前にお問い合わせください。

まとめ

インフルエンザより感染力が10倍も高いという麻疹(はしか)。

予防接種しか効果的な予防策はないとのことですから、1度麻疹(はしか)の予防接種履歴を確認しておくことをおすすめします。

大阪よりも他地域で麻疹(はしか)が流行していますが、空気感染するとのことなので、いつ我が身に降り掛かってくるかわかりません。

母子手帳で麻疹(はしか)の予防接種履歴の確認、すぐにできない場合は医療機関で検査してもらいましょう。

その際に麻疹(はしか)予防接種の値段も確認しておくと良いですね。

スポンサーリンク