ビットフライヤーが業務停止!?その真相とは?

時事ニュース

仮想通貨を取り巻く環境は、めまぐるしく変化しているので、ほんの少しでもタイミングを逃すと大きな利益を失いかねません。

そんな中、投機家でブロガーでもある山本一郎氏がビットフライヤーについてあれこれと気になる発言をしています。

業務停止なんかもウワサされてますね。

山本氏といえばかつてコインチェックのNEM流出事件が起きたとき、いち早く情報を流したとされている人物です。

彼の言いたいことは何なのでしょうか?

ビットフライヤーは業務停止になるのか?

その真相をさぐってみたいと思います。

口座持ってるから気になる…

スポンサーリンク




ビットフライヤーの業務停止のウワサの真相とは?

仮想通貨取引をされている方はすでにご存知かと思いますが、今一度ビットフライヤーについておさらいしておきます。

ビットフライヤーは、日本初のビットコイン取引所としてサービスを2014年にスタートしました。

2016年度では国内のビットコイン取引の約6割を占めるほどになりました。

サービスやセキュリティに関しても、豊富な資金力によって高レベルを維持していると言われています。

そんなビットフライヤーですが、一部ブロガーさんからこのような声がありました。

停止ということは業務停止のことを意味しているのでしょうか?

だとしたら、ビットフライヤーはなにをやらかしたのでしょうか?

仮想通貨取引所が「業務停止になる」ということについて考えてみます。

スポンサーリンク




仮想通貨取引所業務停止でよくある原因とは?

ビットフライヤーが業務停止になるかもしれないという噂をご紹介いたしましたが、実際どういうことをしたら業務停止になるのでしょうか?

ハッキングでしょうか?

それとも盗難でしょうか?

それとももっと深い事情があるのでしょうか?

これまでにも仮想通貨取引所へは金融庁による調査が何度も行われており、業務改善命令や業務停止命令という行政処分が言い渡されてきた経緯があります。

日本では、金融庁において仮想通貨を禁止したいのではなく、健全に営業して欲しいのです。

そのために不完全なところは整備しなくてはなりません。

ですので、この業務改善や業務停止というのは、問題となった箇所を改善してください。

という内容になっていることが多いです。

つまり改善できていなければ、業務停止が解除されませんし、もちろん、改善ができていれば業務は再開されてることとなりますが、改善命令を聞いてもらえなければ、業務停止になることだって有り得ます。

この業務停止ですが、仮想通貨のユーザーから預かった金銭を経費に流用していることが問題となっていることが多いようです。

もしかすると、ビットフライヤーも顧客からお金を何か別の使い方をしているのかもしれません。

スポンサーリンク




業務停止は誰が決めているの?

2018年3月8日に金融庁がGMOコインやZaifなど5社に業務改善命令を出し、ビットステーションとFSGO社には業務停止命令を出した経緯がありました。

この時に、意外だったのがビットフライヤー社へは何もなかったことです。

コインチェックのNEMハッキング事件が起きてから、仮想通貨を取り巻く環境はとても厳しく規制されるようになりました。

そのため、金融庁が求める条件に満たさない場合は業務を停止したり、申請を取り下げたりしているのが現状です。

ユーザー目線でみた場合は、安全であったり、犯罪へのリスクを軽減できることは良いと考えることが出来ます。

ネット上の反応

まとめ

仮想通貨は複数の取引所を開設しておくことが重要だと言われています。

取引所によって購入できる仮想通貨が違っていたり、通貨によっては手数料が異なることはもちろん、もしハッキングなど何か問題が起きた時にリスク分散しておく必要があると言われています。

ビットフライヤーに何もなければいいですが、もし何かあったときのためにリスク分散しておくことをおすすめいたします。

自分の資産を守るためにも特定アカウントのみを信じるのではなく、多面的に自分の頭で判断できるようにしておくことが大切だと考えます。

ビットフライヤーの業務停止はウワサになってしまった以上、あなたもリスクについて他人事とは思わずに一度検討してみてください。

仮想通貨の将来はどうなるんだろう?

 

【関連記事】

スポンサーリンク