ヴィッセル神戸はなぜ大物外国人選手を獲得できるのか?3つの理由はコレ!

スポーツ

昨年の元ドイツ代表・ポドルスキ選手に続いてスペイン代表のイニエスタ選手も獲得したヴィッセル神戸。

二人とも国の代表としてワールドカップにも出場経験がある大物外国人選手です。

J1のほかのチームを見渡してもこれほどの大物外国人選手を獲得しているのはヴィッセル神戸だけ。

なぜヴィッセル神戸はこのように続けて大物外国人選手を獲得できるのでしょうか?

そこには3つの理由がありました。

スポンサーリンク




なぜヴィッセル神戸は大物外国人選手を獲得できる?3つの理由はコレ!

まもなく開催されるロシアワールドカップにスペイン代表として名を連ねるであろうイニエスタ選手。

2010年の南アフリカワールドカップの優勝メンバーでもあります。

実績もプレーも「超一流」であることは間違いないイニエスタ選手。

所属のバルセロナでも中心選手であるイニエスタ選手が移籍先に選んだのはなんとJ1のヴィッセル神戸。

昨年のポドルスキ選手の加入に続いてイニエスタ選手が加入と、ヴィッセル神戸は二人の大物外国人選手を抱えることになります。

なぜヴィッセル神戸は大物外国人を立て続けに獲得することができるのでしょうか?

3つの理由があると考えます。

理由①:豊富な資金力

ヴィッセル神戸が大物選手を獲得できる理由の一つ目は、その資金力にあるのではないかと考えます。

ヴィッセル神戸を運営しているのは、楽天ヴィッセル神戸株式会社です。

楽天といえばネットで買い物をしない人でも名前ぐらいは知っているのではないでしょうか。

楽天は楽天ヴィッセル神戸株式会社の株式の全てを取得しており、自由にお金を使えるとまでは言わないまでも、かなりの資金力を補強につぎ込むことが可能です。

ピークは過ぎたといっても世界の一流選手に支払われる額は膨大で、J1のクラブでそのお金を出せるようなところはごくわずかでしょう。

理由②:三木谷氏の交友関係

理由の二つ目は、楽天の代表取締役である三木谷氏の交友関係にあるのではないかと思います。

今回のイニエスタの移籍報道に関して言えば、三木谷氏は今回移籍報道なのされたイニエスタのチームメイトである、ピケと親友であるというふうに言われています。

イニエスタとピケの関係はよくわかりませんが、ヴィッセル神戸からのオファーを受けた際に、イニエスタがピケに何らかのアドバイスを求めていたとしても全く不思議ではありません。

ピケとしても親友であるとされる三木谷氏のことを悪くは言わないでしょうし、そのアドバイスがイニエスタの選択に影響を与えたとも考えられるのではないでしょうか。

理由③:楽天の営業戦略

最後に三つ目の理由としては、楽天の営業戦略が考えられます。

楽天といえば楽天市場に代表されるように、ネットショッピングサイトの運営をしている会社という印象が強いかもしれません。

しかしその業務内容は多岐に渡っており、特に近年は、日本国内にとどまらず世界の市場に進出していく方針を打ち出しています。

楽天は早くから社内の共通語を英語とするなど、以前から世界進出の野望を持っていましたが、最近まではあまり上手くいっていないと言われていました。

そこでまずは世界市場での楽天の知名度を上げるために広告に力を入れるようになりました。

そのいい例が、4年間で257億円とも言われるバルセロナとのスポンサー契約です。

今回のイニエスタ獲得にしても、昨年獲得したポドルスキにしても楽天の知名度向上の為の戦略の一つであるといえるでしょう。

スポンサーリンク




ネット上の反応

ヴィッセル神戸はなぜ大物外国人選手を獲得できるのか?まとめ

今回のイニエスタ選手のヴィッセル神戸への加入は、親会社が楽天っで資金力があるとはいえ驚きです。

イニエスタ選手といえばスペインでは英雄と言っても過言ではないスーパースター。

バルセロナでも中心選手でしたし、そんな彼がヴィッセル神戸に魅力を感じた、そしてチームに加入した、

これはヴィッセル神戸、楽天、三木谷社長の力であることは間違いありません。

もちろんチームを強くしたいという想いもるでしょうけど、経営戦略といった一面もあることは間違いなさそうです。

ヴィッセル神戸という1チームだけにとどまらず、Jリーグの盛り上がりにも一役買うことでしょう。

「なぜヴィッセル神戸が大物外国人選手を獲得できるのか?」

について考察してきましたが、Jリーグのチームも徐々に欧米のビッグクラブに近づいてきつつあるのかな?とも感じました。

これほどの大物選手の獲得は、資金力や経営に対する考え方、オーナーや監督の意向などが合致しないと実現しません。

Jリーグの全チームができるか?といわれればできないでしょう。

チームとして目指しているサッカー意外のクラブ経営にも興味を抱いた、今回のイニエスタ選手のヴィッセル神戸加入でした。

最後までごらんいただきありがとうございます。

スポンサーリンク