茨城国体2019で”eスポーツ”が採用された理由とは?

スポーツ

「実は私、国体に出たことあります。」

テレビなんかで、こういうセリフを聞くことがあります。

もしかしたら身の回りにもいらっしゃるかもしれません。

国体といえば、国民体育大会の略でその名の通りスポーツの祭典です。

ですが、もうすぐこのスポーツの概念が変わってくるかもしれません。

というのも、来年開催される茨城国体2019では「eスポーツ」というものが行われます。

このeスポーツはコンピューターゲームを使った大会です。

eスポーツが採用された理由は何なのか?

茨城国体2019で開催される「eスポーツ」とはどういうものなのでしょうか?

ゲーム得意だったら国体に出れるかもしれない!

スポンサーリンク




茨城国体2019で行われる「eスポーツ」とは?

私も今回「eスポーツ」という言葉を耳にして「なにそれ?」ってなりました。

eスポーツの「e」は「エレクトロニック」のことで、ネットワークを介して複数のプレイヤーがビデオゲームで対戦する競技です。

日本ではまだ馴染みがあるとは言えないですが、海外ではeスポーツは若者の間で盛んに行われています。

大会となるとたくさんの観客が観戦しますし、優勝者には賞金が出る大会もあります。

そしてついに日本国内でもこの「eスポーツ」への取り組みが起き、来年の茨城国体2019で開催されることになりました。

実はサッカーのJリーグでもeスポーツを活用してeJリーグを開催したり、ゲーム会社でもeスポーツに採用される為のゲームを企画・開発したりしているそうです。

国体にネットゲーム…時代は変わりましたね…

スポンサーリンク




茨城国体2019で「eスポーツ」が採用された理由とは?

どうしてeスポーツを国体のような場所で開催されるのでしょうか。

もちろんそれ相応の理由があってのeスポーツの採用です。

今の日本はスポーツに対するファンの年齢層が徐々に高齢化しつつあります。

昔に比べると若い人たちがスポーツに関心を持たなくなっているのです。

国体で開催する目的としては、ビデオゲームを通じて、スポーツとあまり縁がなかった人や、スポーツに関心を持たなかった人たちが、スポーツへの関心を高めてもらう意味もあるようです。

実際、海外ではeスポーツを通じてレーシングドライバーになった人やバスケの選手になるなんていう例もあったりします。

逆にF1選手やサッカー選手が戦略や戦術を磨くためにeスポーツを取り入れているという例もあります。

スポーツとコンピューターゲームは遠いようで近い距離にあるといえます。

また、eスポーツが普及することで、単なるゲームソフトの販売だけではなく、広告配信や競技のネット配信などを使ってこれまで以上に幅広く露出していくことが可能になります。

これが茨城国体2018でeスポーツが開催される理由です。

スポーツ大会に採用することによって、世間一般の人たちがより多くの関心を持つきっかけとなることが大切なのではないでしょうか?

ネット上の反応

まとめ

eスポーツが一般的なスポーツと比べて身体を動かしたりしない以上、どうしても賛否両論は出てくるのは仕方がありません。

特にゲームと聞くと、年配者からは不健康なイメージがあるのか否定的な意見が聞こえてきます。

ですが、ゲームを通じて若い方たちがスポーツを知る、学ぶ、考える、勝つことに貪欲になる、また実際にスポーツをする機会が増えるという事は大いに期待したいところです。

eスポーツがスポーツとして認識されていくまで、地道な活動を続けていくことが重要だと思います。

国体出るためにネットゲームして目を悪くしたりゲーム依存症になるといった問題も出てきそう…

スポンサーリンク