日大アメフト部の「ハマる」という地獄の指導法が明らかに!

スポーツ

悪質タックル問題で揺れに揺れている日大アメフト部。

関係者の意見の食い違いで何が事実なのかがわからない状況です。

そして、ここにきて「ハマる」という地獄の指導法が行われていたことが明らかになりました。

日大アメフト部の「ハマる」という地獄の指導法の実態とは?

ハマると実に恐ろしい・・・

スポンサーリンク




日大アメフト部の「ハマる」という指導法とは?

真相の究明が着々と進められていて、社会問題にまで発展した今回の日大アメフト部の悪質タックル問題。

プレイに関係していないところで起こったこの悪質タックルが、日大アメフト部で恐れられていた「ハマる」という指導法だったことが明らかになりました。

この「ハマる」という指導法とは具体的にどういったものなのでしょうか?

一言でいうと、

「精神的に圧力をかける指導法」

です。

選手の成長を促す意味、期待する意味が根底にあることは間違いないとは思いますが、実態を知ってみると

「果たしてそれだけなのか?」
「嫌がらせの意味もあるんじゃないの?」

と感じてしまいます。

この日大アメフト部の「ハマる」という指導法ですが、対象になるのは「内田前監督に目をつけられた選手」です。

この「ハマる」指導法を経験した選手からは一様に

「地獄だった」
「アメフトを辞めようと思った」

とコメントしています。

中には「あの経験が今に活きている」と感じている人もいるようですが、

今回は刑事事件にまで発展するかもしれない「悪質タックル」問題ですので、この「ハマる」指導法が批判されるのも致し方ありません。

実際に悪質タックルでケガをさせてしまった日大の宮川君は、内田全監督による「ハマる」指導法の対象者だったそうです。

「ハマる」指導法を受けていた選手がどのような目に遭っていたかというと、

「結果を出さなければ干すぞ!」

といった罵声ともとれる言葉を選手たちがいる前で浴びせられるそうです。

さらにレギュラーから外されて、ひたすらグラウンドを走らされたり、声をださされたり、といった状況でした。

他の選手から見ても「かわいそう」と同情されるような辛い指導法で、宮川君も

「やめようと思った、辛かった」

とコメントしています。

スポンサーリンク




「ハマる」とアメフトが楽しくなくなる…

精神的にも追い込まれてしまうこの「ハマる」という指導法。

あまりの辛さに本来楽しんでやっているはずのアメフトが楽しくなくなるというほど、精神的に追い込まれるようです。

さらにコーチや他の指導者が「ハマる」指導法を受けている選手に対してケアするのかというと、これが逆。

追い打ちをかけるように輪をかけ、さらに厳しく選手を指導するようになったということです。

このような実態から、選手は精神的重圧から顔つきまで変わってしまうほど精神的に追い込まれるといったことになってしまいます。

「やりすぎなのでは?」

という声も実際にはあったそうですが、そこでストップがかからなかったのは内田前監督の「絶対的権力」があったからです。

内田前監督の絶対的権力が悪しき方向に・・・

日大アメフト部における内田前監督というのは「絶対的権力者」だったようで、コーチだろうが選手だろうが、とてもはむかうことができない存在だったようです。

極端な話、

「内田前監督が白いものでも黒といえば黒」

というほどの絶対服従。

もし逆らうようなことがあると・・・

コーチを辞めさせられたり、選手なら退部に追い込まれたり、といった事態になります。

何があっても返事は「はい」しかありえないというほどの服従です。

今真相の究明を急いでるのは、

「悪質タックルが内田前監督の指示で行われたものなのか?」

です。

『宮川君がタックルをするよう指示を受け、本心ではダメなことだとわかっていても、「ハマる」指導法の精神的重圧からあのようなタックルをしてしまった』

というのが本当の事実で間違いなさそうです。

タックルの指示を実行しなかったらどうなるのか?

それこそ「ハマる」指導法にさらに輪をかけられ、辛い目に遭うことが予想されますよね?

それだけ選手は精神的に重圧を受けて追い込まれていたのだと想像できます。

もちろん悪質タックルをやってしまった宮川君に全く責任がないとは言いませんが、この「ハマる」指導法が理不尽で批判の対象になることは致し方ありません。

実際に今回の悪質タックルが刑事事件にまでなろうかという事態になっているのですから。

ネット上の反応

まとめ

今回の悪質タックル問題で内田前監督はもちろん、

「チームを強くしたい」
「選手を成長させたい」

という想いはあったはずです。

どのスポーツの指導者も同じ想いでしょう。

ただその手段としては良いものと悪いものがあるはずです。

今回明るみになった「ハマる」指導法が果たして本当に選手のためになるのか?

このことを内田前監督は考えてほしかったです。

確かにひと昔前のスポーツといえば、「ハマる」指導法のような重圧を与えたり恐怖を感じさせたり、といったやり方が当たり前のようにあったかもしれません。

失敗すれば罰を受ける、というのもあったでしょう。

ただ、それが現代では「行き過ぎ」「パワハラ」と捉えられることもあるのが事実です。

今回の日大アメフト部の「ハマる」指導法の実態から、スポーツの指導者はもう一度選手の指導法について真剣に考えることが必要です。

「選手が競技をイヤになるような指導をしていないか?」

個人的にはこれについて深く考えるべきだと思います。

スポーツは楽しんでやるからこそ良いプレイや感動、共感が生まれるのではないでしょうか?

真実を包み隠さず語ってほしい!それが保身

スポンサーリンク